「雑損控除」で駆除費用が安くなる

雑損控除とは所得税を安くできる制度のことで、災害によって損害を受けた時に所得控除を受けられることをいいます。シロアリ駆除の費用は、害虫による災害ですから雑損控除が適用されるのです。したがって、シロアリ被害の予防に関しては、雑損控除を利用することはできません。シロアリ駆除と予防を行なう際は、駆除の費用だけに控除が適用されます。

控除を受けるなら条件を確認

雨漏りによって木材が雨水を吸収すると、その木材は柔らかくなり腐敗します。シロアリは腐敗した木材を好むため食害は進行してしまいます。食害のせいで家屋が倒壊する可能性があるので危険です。シロアリ被害には火災保険は適用されませんが、もしその原因が雨漏りで、かつ雨漏りの原因が災害ならば保険が適用される可能性が高いです。保険が適用される状況について確認しましょう。

雨漏りが原因でシロアリ被害に遭った!

梅雨の時期は雨が多く降って、その後の夏の時期になると動きが活発になるため被害が拡大する恐れがあります。予防のためには雨漏りを直して、木材を腐敗させないようにすることが重要です。火災保険が適用されれば、シロアリ対策と屋根の修理費用を補填することができます。

火災保険に関するQ&A

シロアリ駆除を安く行ないたいならバリア工法 がオススメです。ここでバリア工法ならではのメリットと特徴を見てみましょう。"

top button